フォト
無料ブログはココログ

2009年9月 4日 (金)

蟷螂(とうろう=カマキリ)

Img_0306

お暑うございますが、虫の音にも秋の音が混じり始めています。 
飛んでいる蝉よりも屍骸の方が多いですね。 

人はどう感じるか分かりませんが、僕はカマキリをとても美しい女王のようだと思うのです。 
古いクモの巣に掛かって、そのまま死んでしまったこのカマキリにもまた、気高さを感じます。

ええ、ええ、私の感性って、そんなもんです。
 
蟻や土中の微生物による分解が無いので、放って置けばいつまでもこの眺めが続くようであります。

合掌(-人-)

2007年4月21日 (土)

ミミです

お願いだからVfts0420

毎日何度もわざわざ二階の僕の部屋の窓まで来て

にゃ~にゃ~(入れろ~入れろ~)」 Vfts0419

って鳴くのやめてほしい。

ネムイ ○| ̄|_

2007年4月11日 (水)

堂平山の天文台と宿泊施設

先日さっつんは娘と山のドライブに行って来ました。
こいつきひこもりのくせに、何故か山とか渓谷に行くとワイルドになる。

それはさておき、ときがわ町の堂平山には元東大宇宙研究所の天文台があります。久々にそこまで行ってみました。霞が掛かって下界はほとんど見えなかったのは残念です。
以前ここに来たときは、天文台の敷地は立ち入り禁止だったのですが、いつの間にか入ってもOKになっていました。ラッキー!

1_4

で、駐車場に車を置いて、建物に向かって登ってみました。娘は勝手に侵入して怒られないかと心配していましたが、さっつんはどうも好奇心が旺盛なので、怒られたら出ればいいやという感じです。

入口は閉まってました。でも張り紙があって、管理人さんに開けてもらうと自由に見学ができるみたいです。

そういや少し下に管理人小屋があったけど、誰もいなかったなあ。
娘がそこらを飛び回っている間に、私が管理人さんをさがしていると、植樹した苗木に肥料をやっている人がいて、あちらから「こんにちは」と声を掛けられました。
「こんにちは。管理人さんていらっしゃらないんですか?」
「あ、私です。」
「天文台の中を見せて頂けるんですか?」
という会話があって、見せて頂けることになった。

2_4

管理人さんと一緒に中に入ると、見るからに古い ^^;
昭和37年に竣工したそうだ。
一時期望遠鏡は明石の天文台に移され、その後明石には新しい望遠鏡が導入されたので、お払い箱になってここに戻って来たそうだ。

重さ10トン

3_2 4_25_1 

91cm望遠鏡本体はNikonが製作。
凹面鏡のスペアを持たせて頂いたが、重かった ^^;

6_1

操作はできなかったが、関係者以外上がれない天文台のドームの可動部分に上らせてもらったり、

7_1

操作部は古い機械と新しい機械が混在する。

8_1 9_1 10_2 11_2 12_2

鏡やフレームの歪みを防止する意味で、温度は一定に保たれる。

13_2 14_1

下からも見せて貰うと、

15_1

ここは一般の人でも宿泊できるきれいな部屋もある。
5-6人で使ってもたったの13000円(一部屋)

16

風呂場から見る下界の夜景は最高だとか?

17_1

でも寒いよ。雪がまだ残ってるし~

18_1

その他ロッジやゲル(モンゴルの移動式テント)に泊まることもできる。

19 20_1 21_1 

場所はここ↓
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=36%2F0%2F9.31&lon=139%2F11%2F35.606&layer=0&ac=11369&p=%C6%B2%CA%BF%BB%B3&mode=map&size=s&sc=6

2007年3月12日 (月)

たぬき

の売る宝くじは売れないそうです。

ここんとこタヌキの姿を見ません。
冬だからってのもありますが、餌になる小動物が殆どいなくなってしまったからかな?
この写真は3年くらい前のです。

さっつんの家の窓から撮影

371278259_151

2007年3月 2日 (金)

シーア派の聖地でⅠ

さっつんはイランのシーア派の聖地マシャッド(マシュハド)のピリピリしたムードは今も忘れられない。
風の強い日でも女性は絶対に目と手以外の肌を晒さないように歩いていた。片手に買い物袋、片手で子供の手を引きながらであってもだ。
とても器用ったので写真に撮りたかったが、見つかったらブっ殺される危険性もある。
Mash
テヘランに向かう夕刻のフライトから見えた、ライトアップされたモスクと町の鉄工所から漏れる青い火花が印象的だった。

2007年2月25日 (日)

冬らしい日だった

1000538_332555287
昨日は久々に気温も低く、おまけに強い北風が吹いていた。
1000538_615986810  
さっつんのクシャミが止まらなくなったのは、やや薄着で出かけてしまったせいだと思いたい。
去年はついに花粉症デビューしてしまったが、今年はまだ大丈夫みたいだ、
1000538_2164481534_1
と思いたい。 ^^;
1000538_650633720_1

2007年2月23日 (金)

北朝鮮と韓国の国境 板門店ツアー

2006年7月(去年の話し)

さっつんは仕事でソウルに来ていた。
仕事が済んで一日暇ができたので、板門店ツアーに参加してみた。
------------------------------------------------------

出発はロッテホテル。そこからいろんなツアーが出ている。板門店ツアーも何種類かあったのだが、僕は別のツアーのバスに案内されてしまって、タクシーで一度ロッテホテルに戻らねばならなかったsweat01

ソウル市内は小雨が降っていた。
板門店に向かう道中で雨は止んだが、霧が掛かって対岸は殆ど見えない。

イムジン川沿いに高く設営された鉄条網と、数百メートル間隔の監視所に見える銃を持った兵士の姿を見れば、嫌でも緊張が伝わってくる。
02

まず最初に烏頭山(オドゥサン)統一展望台に登る。

霞んでいて対岸(北朝鮮側)は殆ど見えなかったが、北朝鮮に関する展示物が多数あった。
03 04

北朝鮮の小学校や一般家庭を再現したコーナーもあった。
05  11_1
教室の再現コーナーには教科書の展示もある。印刷クオリティは極めて低い。

08 09 10_1
下着類

06 12_1  13_1

14 15

詳しい事はここでは書けないが、同行した脱北者の女性から生々しい体験談を聞かせて貰った。
39歳のなかなか美しい人だったが、一人息子を飢餓と病気のせいで失い、自分で始めた闇商売の為に中国に渡ってから韓国に亡命したそうだ。そこで初めて今まで体制に騙されていたことを知り、その憎しみはかなり強いそうだ。

板門店に近いレストランで食事をしている際、やけに道路がうるさいと思ったら戦車が何台も通過して行った。
17

板門店へはいくつもの検問所と、2回のパスポート提示。
更に国境の直前でブリーフィング(説明会)を受けた後、国連軍のバスに乗り換えなくてはならない。
そして2列で歩行。
ルートを外れることは許されないし、撃ち殺されても文句は言えない。
18 20

数十m先に見える国境を挟んで対面にある北側監視所の中は暗くて見えない。
21 23
しかし帰国して映像補正してみたら、こちらを監視する兵士がきっちり写っていた。
さっつんはこれにはゾっとした。
24 25

青い建物の真ん中に国境あり、その建物の中だけは国境を越えて北朝鮮側に5m程踏み入れることができる。
26 27

真ん中に会議用テーブルがあり、その真ん中の国境線上にマイクがある。
何て馬鹿馬鹿しい!
28 29

展望台から見える北朝鮮の建物は、裕福さを演出する為に作られたもので、実際には人は住めないし、窓にはガラスも入っておらず、単に黒く書いただけという説明があった。
30 31

そして「帰らざる橋」のある緩衝地帯は手付かずの自然が残されることになったので、今はサギの一大繁殖地になっている。
35 36

実際サギが枝に沢山留まっていたのは圧巻であった。
32 33 34

国境が無くなる日。それは願って止まない事ではあるけれでも、同時に反日が統一の道具に使われる事を意味する。
37 38

1.兵士が覗いていた監視所  2.監視所と板門閣の撮影場所  3.板門閣  4.北朝鮮側を撮影した高台  5.帰らざる橋
01

-------------------------------------------------
禁:無断転用
-------------------------------------------------
     訪問者(見学者)宣言書
(UNC REG 551-5)
統合警備区域への訪問者(見学者)は、下記を読み、署名することが要求される。

1. 板門店の絞合警備区域の見物は、敵性の地域への立ち入りを伴わない。 歓の行動(活動)によっては危害をうける又は死亡する可能牲がある。統合警備区域は中立地域であるが、一方(南)は、国連軍の軍人により、他方(北)は、北朝鮮の陸軍軍人によって、それぞれ分割警備されている。
   国連軍のゲストの皆様は、軍事境界線を越えて北朝鮮軍の管理する統合警備区域へ立ち入ることは許されていない。また、事変・事件を予期することはできないので国連軍、アメリカ会衆国及び大韓民国は訪問者の安全を保障することはできないし、赦の行う行動に対し、責任を負うことはできない。
2. 訪問者は下記事項に従わなければならない。
a 国連軍軍人は、勤務時間外の服装として、軍様により規定された適切な軍服を着用する。
   訪問者は、国連軍の威厳を保持するに適切な私服を着用する。
b 統合警備区域へ立ち入る前に、各訪問者(軍人を含む)は、国連軍の正式のゲストであることを証明する薄片のパッチを受け取ってそのゲストパッチは、外部から見える衣服の上部左側に付けなければならない.
   このゲストパッチは、キャンプ キティー ポークから出発する前に、返納されなければならない。
c 北朝鮮軍人及び中華人民共和国義勇軍と、会話することを含んで、親しくすることや、交際することは、固く禁じられている。北朝鮮軍兵士、中華人民共和国義勇軍兵士は、次により識別できる。
  (1)軍人………・警備兵は、褐色又は、くすんだ茶色の北朝鮮軍服で腕に赤色の腕章を装着、休戦軍事委員は、黄色の腕轟を装着している。
  (2)報道関係者……緑色の腕章を装着している。
  (3)訪問者………上部ポケットに緑色の布片を装着している。
d  訪問者は、北朝鮮側にとって、国連軍に対する宣伝材料となりうるような身振り、表現などを謹む。
e  訪問者は、見学の最初から最後までグループとして行動し、見学案内者の全ての持示に従うようにする。
    いかなる不平・苦情はキャンプ キティー ホークに帰った後に言う。
f  火器、ナイフ等いかなる武器も、統合警備地域へ持ち込んではならない。
g  共産側支配下の地域及び建物(黄褐色に塗色)には、いかなる理由があっても立ち入らない。統合警備地域内の国連軍の建物(青色の塗色)に立ち入るには、事前に見学案内者により許可を得なければならない。
h  いかなる時でも見学者は、部隊の進路に立ち止まったり遮ったりしてはならない。
   会議室内の施設や装備をみだりに操作しない。統合警備区域内は、写真撮影が許可されているが、CKP#1(キャンプ キティー ポーク入口)からCKP#2(統合警備区域入口)の間の途中は禁止されてlいる。
i 若し、いかなる出来事が起きても、平静を保ち、警護の者の指示に従わなければならない。
 3.以上の事項に関するいかなる質問も、見学案内に聞きたださなければならない♪

     

DECLARATION(宣言)
私はこれを読み、理解し、そしてこの指導1指示)に従う。
私が未成年の家族を伴っている場合、この見学に際して、わたしが責任を有する未成年者を伴った場合、私のこのサインは彼らにとって、これらの指導(指示)を承認することを意味する。

SIGNATURE(署名):_______  DATE(日付):_______

2007年2月17日 (土)

園生貝塚(そんのうかいづか)

1_2
さっつんが仕事で出かけた先に、こんもりした森がありました。
Vfts0338 Vfts0337
道が中に続いていたのでちょいと入ってみたら、こんな立派な看板が立っていました。
Vfts0343
千葉市内には貝塚がいっぱいあります。ここはもう開発しないで市民の森として残して欲しい。
Vfts0344
でも、こんなヒミツ基地にうってつけの森なのに、子供の遊んでる姿が見えませんでした。
そういう時代なんですね。
Vfts0339
-------------------------------------
所在地  千葉市稲毛区園生町453-1ほか

 園生貝塚(そんのうかいづか)は、宮野木本谷から分岐する園生支谷の最奥部に位置し、標高25~27mの舌状台地北端部に所在します。縄文時代中期葉から晩期前半にわたり形成された大型の馬蹄形貝塚で、すでに、明治年間から「長者山貝塚」の名で学界に紹介されており、過去に行われた数度にわたる発掘調査によってその概要が明らかになっています。

 貝塚の規模は南北約135m、東西110mで、幅25~30mの貝層が馬蹄形状にめぐり、斜面に接する北西側に開口しています。貝種はオキアサリ、イボキサゴ、ハマグリを主体とし、最も厚いところでは2m近く貝が堆積しています。
 多数の竪穴式住居跡、土器捨場遺構、道路状遺構が検出され、注口土器、皿形土器、土版、土偶、岩偶、打製石斧、石皿、石玉、などが出土した他、埋葬人骨やシカ、イノシシ、サル、タヌキなどの獣骨、アザラシ、クジラ、イルカなどの海獣類の骨、コチ、クロダイ、ボラ、スズキなどの魚骨などが貝層中から検出されています。

平成18年3月 千葉市教育委員会
-------------------------------------

そこらじゅうに貝がいっぱい落ちてます。
これらはみんな古代人の食べた残りということですね。

昔は東京湾にもクジラやアザラシがいたんですね。

Vfts0336 2_2

入口は偶然見つけましたけど、非常に分かりにくいです。

http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F38%2F16.517&lon=140%2F6%2F47.828&layer=1&sc=2&mode=map&size=s&pointer=on&p=%C0%E9%CD%D5%BB%D4%B0%F0%CC%D3%B6%E8%B1%E0%C0%B8%C4%AE453-1&CE.x=324&CE.y=249

2007年2月11日 (日)

銭湯の富士山

さっつんの自宅のパソコンが壊れて使えないので、他人様の家で日記を書いてみる。

もう久しく町の銭湯には足を運んでいないけど、昔の銭湯と言えば、正面に三保の松原と帆掛け船と霊峰富士というのが定番だった。
どうしてもその景色に出会いたくて、静岡県に出かけるときはあちこと走り回ってみるのだけども、どうもあれは海上から見た図であることが分かった。
(想像上の構図であることはこの際忘れよう)

先日伊豆を時計と反対周りに3日間かけて周って来たので、撮影した写真を合成してみた。

2_1

4_1

1_1

これは合成写真なので、こんな場所はどこにも無い。

それと、
僕は以前から富士山の美しさの最重要ポイントがシンメトリー(左右対称)にあると思い込んでいたのだが、試しに本当に左右対称の富士に合成してみた。

3_1

こんなの富士山じゃな~い!ヽ(`Д´)ノ

やはり日本人は自然の中の「ゆらぎ」を重んじる民族なのだ。

2007年2月 3日 (土)

”そらのある風景” 参加作品2 パタゴニア

111_1
世界の旅人を誘う、風のパタゴニア。
112_1
南極に近いこの地方にも短い夏がある。
113_1
そして南北アメリカ大陸を貫くパンアメリカンハイウェイの一方の終焉の地でもある。

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28