フォト
無料ブログはココログ

2009年8月 3日 (月)

九品仏(世田谷区奥沢)「あそう歯科」の開業おめでとう

mixiの友人、じー君。

今までフリーの歯科医だったのに、つい先日奥様と共に歯科クリニックを開業したそうです。なにはともあれ、おめでとうございます。

お近くの方はまだできたばかりで空いてると思いますので、是非使ってやって下さいませ。

HPを見ると、ヒマなので趣味のギターを治療(ウソウソ)している写真もあって、ユーモアのセンスも覗かせています。

あそう歯科

http://asoshika.web.fc2.com/

〒158-0083
世田谷区奥沢 6-3-7 サンプラザ田園調布2F
東急大井町線 九品仏駅 徒歩5分
TEL  03-5706-4186

続きを読む "九品仏(世田谷区奥沢)「あそう歯科」の開業おめでとう" »

2008年9月13日 (土)

東北地方のエスカレーターに見る関西と関東

Gpv_tohoku_wh06

どうでもいいことに気付いてしまう私です。ウッシッシ

よくエスカレーターのどちら側を空けるか?

関東=左に乗って右を空ける
関西=右に乗って左を空ける

と言いますよね?

一昨年に行ったソウルは「関西」でした。

さて先日、去年に引き続き東北を各駅停車で周遊してきたのですが、この地図でご覧の通り(わざわざ作る暇人ですたらーっ(汗)
日本海側は「関西」に侵略されておりました。

昔から酒田や秋田は京都との結びつきが盛んだったと聞いていますので、「さもありなん」かなぁ?とは思うものの、青森県内でハッキリと色分けできてしまうのは新鮮な驚きでした。

さて皆さん!
あなたの地域では、どちらに乗ってどちらを空けますか^^?

2008年6月 1日 (日)

もーったいない(も~ったいない)

私のお友達が書いた、岡山県新見市の新見市市民環境会議キャラクターです。

作者本人の承諾を得て転載しました。

「もーったいない」 または 「も~ったいない」「もぉったいない」「モ~ったいない」「モーったいない」

いろんなキーワードで引っ掛かるように、気に入った人は自分のPCにダウンロードしてみてね。

かわいいよね。全国区でも使えそうです。

もーったいない/も~ったいない

2007年3月17日 (土)

いまさら「めぞん一刻」

Maison_15_001

あまりに有名なので、ひっそりと書かせてもらう。
さっつんは何度これを見て泣いたことだろう。「めぞん一刻」はラブコメの最高傑作。

昭和55年某日。東京のどこか(東久留米?)にある、老朽化した二階建て木造アパート「一刻館」に住む、おかしな人々に囲まれて暮らしている浪人生。そこに20歳過ぎの未亡人が、住み込み管理人としてやってくるところから始まる。第一回のドタバタ展開からは、感動の最終章は絶対に想像できない。
最初はおかしな住民の住むオンボロアパートで巻き起こる、ドタバタコミックのつもりで始まった連載だったのかもしれない。

物語は浪人生の五代が三流大学の4年間を経て、卒業の後保育士の道を得て響子を娶るまでの、人間的な成長と一途な愛の過程が描かれる。響子を巡って強力なライバルや美少女の誘惑、そして足を引っ張りまくる一刻館の住人達。
一方の響子は、高校卒業後間もなく9歳年上の恩師と結婚したが、半年も経たぬうちに死別し、その悲しみを背負って一刻館にやってきた。死別した夫への頑なとも言える想いが、二人の男性の求愛を受けて少しづつ確実に揺れ動いて行く。

荒唐無稽の設定が多い高橋留美子さんの作品の中で、「めぞん一刻」の物語はあくまで等身大に描かれる。

数々のエピソードに必ず無頓着に絡んでくる一刻館の住人達の引き起こすドタバタが、二人の間を何度も阻害したり危機に陥れたりと、読者を何度となくハラハラさせるのだが、それぞれが実に味わいの深い人物像であり、この人たちの存在無くしては5年に渡る連載は不可能だったろう。

「めぞん一刻」全166回の最初と最後では響子さんの顔がまったく違うのがおかしくてしようがないのだが、読み返してみると、早い段階で絵のタッチが今の作品風に変わっていった。
あの柔らかい絵のタッチ、大人のギャグセンスとテンポの良さ、そして随所に散りばめられた美しい言葉と心の描写。

実際に連載していた6年間と物語の時間の流れがリンクしていたこともあって、主人公の音無響子と五代裕作の二人を中心に、登場人物も読者もまた共に成長していった。雨の夜に二人が結ばれた時、読者も一緒に抱き、そして心を抱かれた。

死別した夫の面影をどう断ち切って、二人が結ばれるのか?読者の興味は五代と響子の振る舞いに注がれる。やがて二人がそれぞれにその答えを出したのは、結婚を目前に控えてのことだった。それほどまでにこの世にいない「初めての人」の存在が、最初から最後まで切ないまでに影を落とす。このとき響子の亡き夫の墓前で手を合わせる五代の言葉で、どれほどの人が泣いたことだろう。

桜散るエンディングに見せた赤ちゃんを抱いた響子さんの顔は、もう読者の手の届かない至福の世界の住人であることを語っていた。幸福を掴む一つの大事な何かを暗示して、「自信を持ってリアル世界で人を愛しなさい」と、読者の背中を優しく後押ししてくれたように思える。

最終(15)巻には名台詞がいくつかあるけど、僕は14巻でライバルの三鷹が、不本意ながらも結婚することになった相手の女性を心から受け入れた時の言葉が心に沁みた。
「ゆっくりと しあわせに なりましょう。」

今でも13・14・15巻あたりは胸がキュンとなる。
今後この「めぞん一刻」を超えるものに出会えるだろうか?
いや僕は出会いたくない。

「めぞん一刻」連載の終結と時を同じくして昭和が終わった。
携帯電話など無く、ポケベルが緊急時の連絡手段であった時代に、人々がどうやって人を信頼し、愛を育んでいったのか。携帯メッセージの返信が来ないだけで不安になってしまう、現代の恋人達に読んで貰いたい珠玉の作品。
連載をリアルタイムで読んでいた僕らも、平成という新しい時代の中で単なるノスタルジーだけではない、大事な宝物を引き継いでいる。

2007年2月25日 (日)

冬らしい日だった

1000538_332555287
昨日は久々に気温も低く、おまけに強い北風が吹いていた。
1000538_615986810  
さっつんのクシャミが止まらなくなったのは、やや薄着で出かけてしまったせいだと思いたい。
去年はついに花粉症デビューしてしまったが、今年はまだ大丈夫みたいだ、
1000538_2164481534_1
と思いたい。 ^^;
1000538_650633720_1

2007年2月 2日 (金)

”そらのある風景” 参加作品1 モンゴル

111
空と大地の境界線に自分がいる。
さっつんはそれだけで十分だ。
112
日本人誰もが抱いているモンゴルの風景。
実際に行ってみれば分かることだけど、首都ウランバートルを一歩出ると、もうそこは紛れもなくモンゴルらしい景色が何百キロも続いていた。

大きなうねりのような丘を登りきっても、そこでは風の音と騎馬民族の世界征服の夢が通り過ぎて行くだけ。
113
日本から5時間。しかも安いし直行便出てるし。
夜は砂をまいたような星空。

[mikly]”そらのある風景”フォトコンテスト開催!
http://mixi.jp/mikly.pl?page=feature&vol=111

2007年1月25日 (木)

日常の景色が消えるアムステルダム

健脚の人なら、アムステルダムの中心街を歩いて踏破するのは容易いことだ。
モロッコ旅行の行き帰りに二度歩いただけなのに、さっつんは今でも細かい町並みを覚えているし、多少の観光案内もできそうだ。
この明るく健康的に見える街で驚いたのは「傾いた家屋」と「売春店街」 ...
いやもう普通に昼間っからオネエさんが店先でお客さんを呼び込んでいるし、その前を普通に観光客が通り過ぎて行く。
怪しい雰囲気の無い普通の道に、それが出現する一角がある。

そういう街なのかと、文化の差を感じてはいたのだけど、やはり司法はその存在を許さないようだ。

00950020
----------------------------------------------
「飾り窓」の取り締まり強化=犯罪対策でアムステルダム
(時事通信社 - 01月22日 07:12)

 【ブリュッセル21日時事】オランダの首都アムステルダム市当局は昨年11月末以来、「飾り窓」で世界的に有名な赤線地区の取り締まり強化に乗 り出している。マネーロンダリング(資金洗浄)や人身売買の温床になっているとの疑いに基づくもので、裁判所の判断次第では、多くの飾り窓から光が消える 可能性がある。 

2007年1月22日 (月)

デイケア施設 こあふるの紹介HP

Logo1
息子が通っている、心身障害者デイケア施設「こあふる」の紹介HPを作ってみた。
デザインは娘にやってもらったけど、まだ中身が殆どできていない。
時間がなかなか取れない。

いくつか課題が残る

1.主催者をこあふる側にするか、父母の会にするか
2.ネタ提供は先生にどこまでお願いできるか
3.製作商品の販売をどうするか
4.参加型にしたいがインターネットできない父母をどう救い上げるか

σ(/_;) 頭がイタイ。

http://corefull.gozaru.jp/
心身障害者デイケア施設 所沢市立
〒359-1164 埼玉県所沢市三ケ島 5-828-6
電話:042-938-1500 FAX:042-938-1502

続きを読む "デイケア施設 こあふるの紹介HP" »

2007年1月20日 (土)

3D実験写真館(無駄写真の活用)

さっつん3D写真です。ステレオグラムにチャレンジしてみます。

真ん中で切れている写真をクリックして、拡大写真を「寄り目」で一つにして見て下さい。

奥行きが出ませんか?

だめ ^^?

デジカメになってからというもの、とにかくシャッターをバシャバシャ切りまくってますと、同じ構図の写真がいっぱい余るんですよ、そえもほんのちょっとずつ視点がずれているので、こんな3D写真を思いついてみました。

みんなもやってみたら ^^?  おもろいよ。
1

2
3

4

5

6

7

8_2

9

10

11

12

13

2007年1月19日 (金)

見た!流星!流れ星!すご~い!

Untitled1
23:29頃、駅から自宅までの帰宅道。
さっつんがオリオン星座を眺めながら坂を下っていると、突然西から南方向に流星が見えたよ。

それもすんげー明るい!
こんなの初めて!
しし座流星群以来、久々に見る明るい流星はオレンジ色だった。

いや?以前見たのとなんか違うぞ。

流れ星に願いを掛けると叶うんだっけか?
え~と....え~と..とっさに考え付かないから

「みんなが幸せになりますように」
(もっと気の利いた事考えつかんのか?さっつん!)

あれ?まだ流れてるじゃん。長いな~。

それじゃもう一回....え~と

「みんなが幸せになりますように」
(ああ、金とか女とかいろいろあるってのに、何偽善やってんだ!さっつん!)

と、つぶやき終わったところで、オレンジの流星は二つに割れて消えた。
凡そ4秒間ってとこかな?まさかね?でもめっちゃ長く感じた
今から一時間くらいは気象庁とか天文台への電話が凄いんじゃないかな。

・・・という訳でみんなの幸せを2回も祈っちゃったのでした。
いろいろ頼みたいことあったのに・・・( ̄。 ̄;)ブツブツ

---------------------------------------------
写真は何年か前の「しし座流星群」。その夜の最光度の流星の撮影に成功。

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28