フォト
無料ブログはココログ

2009年8月 3日 (月)

九品仏(世田谷区奥沢)「あそう歯科」の開業おめでとう

mixiの友人、じー君。

今までフリーの歯科医だったのに、つい先日奥様と共に歯科クリニックを開業したそうです。なにはともあれ、おめでとうございます。

お近くの方はまだできたばかりで空いてると思いますので、是非使ってやって下さいませ。

HPを見ると、ヒマなので趣味のギターを治療(ウソウソ)している写真もあって、ユーモアのセンスも覗かせています。

あそう歯科

http://asoshika.web.fc2.com/

〒158-0083
世田谷区奥沢 6-3-7 サンプラザ田園調布2F
東急大井町線 九品仏駅 徒歩5分
TEL  03-5706-4186

続きを読む "九品仏(世田谷区奥沢)「あそう歯科」の開業おめでとう" »

2007年4月11日 (水)

堂平山の天文台と宿泊施設

先日さっつんは娘と山のドライブに行って来ました。
こいつきひこもりのくせに、何故か山とか渓谷に行くとワイルドになる。

それはさておき、ときがわ町の堂平山には元東大宇宙研究所の天文台があります。久々にそこまで行ってみました。霞が掛かって下界はほとんど見えなかったのは残念です。
以前ここに来たときは、天文台の敷地は立ち入り禁止だったのですが、いつの間にか入ってもOKになっていました。ラッキー!

1_4

で、駐車場に車を置いて、建物に向かって登ってみました。娘は勝手に侵入して怒られないかと心配していましたが、さっつんはどうも好奇心が旺盛なので、怒られたら出ればいいやという感じです。

入口は閉まってました。でも張り紙があって、管理人さんに開けてもらうと自由に見学ができるみたいです。

そういや少し下に管理人小屋があったけど、誰もいなかったなあ。
娘がそこらを飛び回っている間に、私が管理人さんをさがしていると、植樹した苗木に肥料をやっている人がいて、あちらから「こんにちは」と声を掛けられました。
「こんにちは。管理人さんていらっしゃらないんですか?」
「あ、私です。」
「天文台の中を見せて頂けるんですか?」
という会話があって、見せて頂けることになった。

2_4

管理人さんと一緒に中に入ると、見るからに古い ^^;
昭和37年に竣工したそうだ。
一時期望遠鏡は明石の天文台に移され、その後明石には新しい望遠鏡が導入されたので、お払い箱になってここに戻って来たそうだ。

重さ10トン

3_2 4_25_1 

91cm望遠鏡本体はNikonが製作。
凹面鏡のスペアを持たせて頂いたが、重かった ^^;

6_1

操作はできなかったが、関係者以外上がれない天文台のドームの可動部分に上らせてもらったり、

7_1

操作部は古い機械と新しい機械が混在する。

8_1 9_1 10_2 11_2 12_2

鏡やフレームの歪みを防止する意味で、温度は一定に保たれる。

13_2 14_1

下からも見せて貰うと、

15_1

ここは一般の人でも宿泊できるきれいな部屋もある。
5-6人で使ってもたったの13000円(一部屋)

16

風呂場から見る下界の夜景は最高だとか?

17_1

でも寒いよ。雪がまだ残ってるし~

18_1

その他ロッジやゲル(モンゴルの移動式テント)に泊まることもできる。

19 20_1 21_1 

場所はここ↓
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=36%2F0%2F9.31&lon=139%2F11%2F35.606&layer=0&ac=11369&p=%C6%B2%CA%BF%BB%B3&mode=map&size=s&sc=6

2007年1月22日 (月)

デイケア施設 こあふるの紹介HP

Logo1
息子が通っている、心身障害者デイケア施設「こあふる」の紹介HPを作ってみた。
デザインは娘にやってもらったけど、まだ中身が殆どできていない。
時間がなかなか取れない。

いくつか課題が残る

1.主催者をこあふる側にするか、父母の会にするか
2.ネタ提供は先生にどこまでお願いできるか
3.製作商品の販売をどうするか
4.参加型にしたいがインターネットできない父母をどう救い上げるか

σ(/_;) 頭がイタイ。

http://corefull.gozaru.jp/
心身障害者デイケア施設 所沢市立
〒359-1164 埼玉県所沢市三ケ島 5-828-6
電話:042-938-1500 FAX:042-938-1502

続きを読む "デイケア施設 こあふるの紹介HP" »

2007年1月20日 (土)

3D実験写真館(無駄写真の活用)

さっつん3D写真です。ステレオグラムにチャレンジしてみます。

真ん中で切れている写真をクリックして、拡大写真を「寄り目」で一つにして見て下さい。

奥行きが出ませんか?

だめ ^^?

デジカメになってからというもの、とにかくシャッターをバシャバシャ切りまくってますと、同じ構図の写真がいっぱい余るんですよ、そえもほんのちょっとずつ視点がずれているので、こんな3D写真を思いついてみました。

みんなもやってみたら ^^?  おもろいよ。
1

2
3

4

5

6

7

8_2

9

10

11

12

13

2007年1月19日 (金)

見た!流星!流れ星!すご~い!

Untitled1
23:29頃、駅から自宅までの帰宅道。
さっつんがオリオン星座を眺めながら坂を下っていると、突然西から南方向に流星が見えたよ。

それもすんげー明るい!
こんなの初めて!
しし座流星群以来、久々に見る明るい流星はオレンジ色だった。

いや?以前見たのとなんか違うぞ。

流れ星に願いを掛けると叶うんだっけか?
え~と....え~と..とっさに考え付かないから

「みんなが幸せになりますように」
(もっと気の利いた事考えつかんのか?さっつん!)

あれ?まだ流れてるじゃん。長いな~。

それじゃもう一回....え~と

「みんなが幸せになりますように」
(ああ、金とか女とかいろいろあるってのに、何偽善やってんだ!さっつん!)

と、つぶやき終わったところで、オレンジの流星は二つに割れて消えた。
凡そ4秒間ってとこかな?まさかね?でもめっちゃ長く感じた
今から一時間くらいは気象庁とか天文台への電話が凄いんじゃないかな。

・・・という訳でみんなの幸せを2回も祈っちゃったのでした。
いろいろ頼みたいことあったのに・・・( ̄。 ̄;)ブツブツ

---------------------------------------------
写真は何年か前の「しし座流星群」。その夜の最光度の流星の撮影に成功。

2007年1月17日 (水)

チンチン電車(都電)は楽しい

Vfts0005  
さっつんは仕事で時々都電に乗ることがある。
実は都電が大好きだったりする。

昔は都内を網の目のように走っていたけど、今では早稲田から三ノ輪までの一路線だけになってしまったね。

レトロだよね。ワンマンカーなので反対側の運転席を無神経に撮影しても怒る人もいない。
Vfts0002_1
速度計はなんともレトロな電圧計を使用しているではないか。

終点まで160円! とてもお得なのだよ。 ^^

今までは自宅から都電までは2回乗り換えていたのだけど、一回で済む方法を見つけたのでグッと近付いたような気がする。

車内は年寄りが圧倒的に多い。多分この路線沿線が下町で、若い人が住むようなマンションも繁華街も少ないせいだろう。なんたってコンビニが少ないのがその証拠。

そんな車内なので、座席はお年寄りで占められていて、若者の座る場所などありはしない。なんたってお年寄り同士であっても、より身体の弱そうな人には譲り合っているのだ。

そんな車内でも平然と座り続ける若い人もいる。いかにも育ちの悪そうな女性、我侭に育てられたっぽい中学生、鼻くそをほじっているニヤニヤ大学生。みんなゆとり教育世代の子供達。

Vfts0004_1
譲って欲しそうな目で見られても平然としている。

下町情緒の中も、感じるべき空気を読めない世代が蝕んできているようだ。これが日本の近い将来の縮図なのだろう。

でもチンチン電車はいつ乗っても楽しい♪
(写真は去年の夏に撮影)

2007年1月15日 (月)

高校で社会奉仕活動(ボランティア)を必修化

そもそも教育には強制の側面がある。

遅刻をしないこと これ当たり前
授業中は静粛にする これ当たり前
出席を確認は返事をする これ当たり前

学校教育は道徳心だとか協調性とか、家庭内だけでは醸成できない公共心を学ぶ場でもある。
国家が教育に力を注ぐのは、社会へ貢献できる人材を輩出し、それが如いては国家の根幹となって欲しいからだ。

本来ボランティアは「志願」「自発的」という意味だったはずだが、今回教育再生会議の中間報告では、高校教育にボランティアを取り入れるという案が浮上している。

さっつんはいいことではないかと思う。社会に貢献したり労働体験をしたりと....
躾がきちんとできない家庭で育った子供の矯正、叱る義務を喪失してしまった教育現場への直接的カンフル剤になるだろう。効果が出るのは10年先の話だ。

だがどうだ?
このニュースに対する多くの意見は、物事を斜めに批評しているだけで、具体的に中期長期に渡るビジョンも無く、ただただ批判している人のなんと多いことか。
反対しているのは真性の左翼思想家か、または働く意欲の無い自分の居場所が無くなることを恐れている人であろう。
いつの世でも、こうした事でさえ嫌がるアウトローは存在するが、そのレベルに視線を合わせる必要はない。社会が成り立たなくなるから。
やりたくもない原因は何だろうか?体力不足?かったるい!労働そのものがかっこ悪い?
だったら尚更そういう将来役に立たない子供達を更生させる必要がある。
現場に於いていきなり労働させるわけではない。必ずオリエンテーションなどがあって、奉仕活動の意義や喜びについての教育もセットになる。
社会貢献意識の低い子供の目線ではなく、一段高いレベルに引き上げるのが教育の目指すところ。

では実際の教育現場ではどのようなオペレーションになるのだろうか?

忘れてならないのは、ゆとり教育が大多数の国民からNO!を付き付けられて大きく舵を取り直した結果、現場が大きく混乱しているという事実。
家庭の荒廃がそのまま教室に反映されてしまう現状。
権限を大幅に制限された教師の立場。

現場や現状を無視して勝手に決められては困るというのは、誰でも分っている事だし、教育の荒廃を根本的に変えていこうという動きの中で、今の現場に新たな混乱のタネを持ち込むことは許されない。

一方、教育の目的の一つは、どんな道に進もうと社会や国の一員として貢献できる人を育てることにある。
ならば指導員や奉仕現場での受け入れ態勢に民間人やリタイアした人々の投入をするとか、いくらでも方法はある。
いや、それが叶わない場合は教師にその役が回って来る可能性は否定しません。それでもいいじゃないですか。黒板と教科書しか見すに、教え子の顔やその未来に顔を向けることの無いダメ教師は去るべきだ。

やはり道徳心も最初は家庭の教育から始まる。
家庭で良い躾をしても、周囲が悪ければ染まってしまうだろうし。

労働貢献が強制から始まってもいいじゃないか。別に戦時中の学徒動員じゃあるまいし。
とりあえず歩みださねば目的地には着けない!

もちろんやってみれば多少の問題点は出てくるだろう。右に大きく舵を取られないように、監視も必要であろう。
だが要はベクトルが良い方向に向いているかどうかを今は判断すべき時。
嫌なら日本国民を辞めて、どこかで理想の国家を作って頂きたい。

-------------------------------------------------
追記:
強制されたらボランティアとは言えないというだけで反対を唱えている人のなんと多いことか。
アホか?人間に最初から奉仕の精神が宿っていたとでもいうのか?
見る、聞く、真似る、或いは躾によってといった経験を経て宿るものだろう。強制の何が悪い?何度も述べるが、教育には強制の側面もあるのだ。

-----------------------------------------------------------
毎日新聞のニュース
<教育再生会議>高校で社会奉仕活動を必修化、明記の方針    
(毎日新聞 - 01月15日 03:10)
 政府の教育再生会議は14日、今月とりまとめる第1次中間報告に、高校で社会奉仕活動を必修化するよう明記する方針を固めた。安倍晋三首相の自民党総裁選の公約だった。19日に全体会議を開いて決める。学習指導要領に盛り込むかどうかなどの実施への制度作りは、その後さらに議論する。

 学校での社会奉仕活動については、森内閣の教育改革国民会議が00年、小中高校で共同生活をしながら行うことなどを提唱した。しかし「憲法が禁じる苦役につながる」との指摘や受け入れ態勢の問題があり、実施は見送られてきた。

 ところが、安倍首相は昨年の総裁選で「公の概念が大切」と大学入学の条件にボランティア体験を義務付ける考えを示し、著書「美しい国へ」で「最初は強制でも、若者に機会を与えることに意味がある」と主張。

 これをきっかけに社会奉仕活動の導入論が再浮上し、再生会議でも「奉仕の義務化が必要」(池田守男座長代理)などの意見が出て、報告に明記する方向となった。

 ただし、具体的に何をするのかは「高校や地域の清掃、校内のトイレ掃除」といった程度の議論しかされていない。既に東京都は07年からの必修化を決めている。

 一方、報告には教育委員会や学校を評価する独立行政法人など第三者機関の設置の検討も盛り込む。モデルは英国の教育水準局。サッチャー元首相の教育改革をきっかけに発足した国の機関で、イングランド地方の小中学校すべてを監査し、評定結果を公表している。

 昨年発覚した高校の履修単位不足問題で、再生会議で「教育委員会に文部科学省が指導できるようにすべきだ」との意見が出たのがきっかけだ。

 このほか、ゆとり教育を見直し公立の小中学校の授業時間数を現在より1割増やすことも明記する。

以上 毎日新聞より

2007年1月11日 (木)

カーナビ体験記

年末に車買ったのはいいけど、殆ど動かしてないので、昨日は富士五湖まで行って来ました。助手席にはチョーお気楽娘を乗せて。

私ね、若い頃は国道20号線のウネウネ道を高速で走り抜けるのが大好きだったんですよ。そのために改造もしてましたし。
地図は一度見れば、ほとんど目的地まで読まずに運転できたのに。カーナビなんてね、あれは外道の使うもんですよ。

が、今ではトロトロだし、地図は何回も読み直すし。第一殆ど運転しないし。前の車はたった42000kmで手放しちゃった。もったいない。
ってことで、これじゃいかんってことで今回はカーナビを付けて見ましたよ。さっきの外道発言はどこへ行ったんでしょうね^^?

何はともあれカーナビに任せて出発。
いきなり自宅周辺で意味もなく裏道を通るという変な案内をされて面食らうけど、我慢してその先へ。

え?渋滞情報が入ったとかで、ルート変更していいですか?って聞いてきましたよ。すげーな。
変更ボタンを押したら、多少遠回りさせられたけど、私もよく使う裏道を選択していたので、もうそれだけで信用してしまいました。

娘も私同様、取り説を全く読まない人間なのです。
何だか勝手にいじくっていると、これってDVDも見れるしTVも見れるってことに気付くわけです。で、渋滞情報も刻々と入ってくるし。意地悪して指示通りではない道に入ると、たちどころに他のルート見つけるし。
すげー。知らなかった。世の中ってこんなに進化してんだ ^^;

カーナビさん脱帽です。ごめんなさい。もう悪口は言いません。

<(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)><(_ _)>

おいしい富士の湧水を飲んで、そばを食べて、よもぎ餅を食って帰って来ましたよ。
ラッシュの時間帯でしたが、渋滞に巻き込まれることなく、娘はTVで退屈することなく、知らない道を指示されながら、いきなり自宅の近所まで案内されてしまいました。

もうカーナビ無しでは運転できそうにありません。自分がまた一段退化していくのを感じた一日でした。

写真は携帯で撮りました。

Vfts0305_1
本栖湖から見た富士。旧5千円札の図柄と同じ場所。

Vfts0271 Vfts0269_1 Vfts0302
忍野八海と近くの庭園

Vfts0267 Vfts0293
先日の雪が残っていた。夜は氷点下9度だとか。

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28