フォト
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2015年8月 »

2014年1月 8日 (水)

アップルのちょっと恐~い話し

買ったばかりの新品iPad(Air)に、いきなり他人の個人情報(名前、住所など)やクレジットカードの情報が表示されちゃった^^;

年末のある日、知人が最新のiPad(Air)を買ったので、セッティングを手伝いました。
ネットにはWiFiだけでつなぐモデルです。
iPadを使うには登録用のメルアドが必要なので、まずはパソコンを使って、無料のHotmailでアカウントを作りました。
使用する本人の名前が入って分かりやすいアカウントでした。
そのメルアドは「アップルID」という名称で、アップル製品のスマホやタブレットを操作する中で、必要になるシーンが出てきます。

今までいくつものiPadやiPhoneの設定をやったので、お手の物だったはずなんですが、今回だけはミョーに手間取りました。
何度も認証が撥ねられてしまうんですよ。
それでも考えられるあらゆることをやりましたよ。
で、認証も済んでないのに、いきなりパスワードの変更を促されちゃた。
なんじゃこりゃ?
とかなんとかやってる内にそのアカウントでiPadが稼働し始めました。

ご本人がやりたかったのは無料アプリのダウンロードなので、早速アップルストアにアクセス!
メルアドと再設定したばかりのパスワードを入れたところ・・・・
冒頭の、全く知らない人の個人情報が表示されちゃったのです。

これって・・・・
この人のクレジットカードで、高級アプリとか音楽とかダウンロードしまくりできちゃうわけですよね?
それって・・・・窃盗じゃん^^?

妄想する間も無く、アップルのサポートの電話番号を探してみるものの、一番該当すると思われる番号に掛けると、
「アップルのホームページからアクセスしてね。ガチャ!」
と、取り付く島もないなぁ。
いろんな番号に掛けても自動案内の段階から先に行けずに焦っていたら、やっと人間に繋がった!
用件を話すと、最初は買った店に相談しろと言われましたけど、「アンタは事の重大さを理解できんのか?個人情報が漏れてるんだぞ!」と迫ったら、あるサポートの番号を教えてくれました。
ちなみに0120の番号なので、電話代は無料のはず。

教えられた番号に掛けて状況説明をしたら、最初は買った店に相談しろと言われましたけど、「アンタは事の・・・以下同文・・・・
やっとコトの重大さが分かったようで、一瞬絶句・・・・
そして上司と交代して適切な処置へ進みました。

ITに詳しい人なら薄々は分かったと思いますが、
僕が取得してあげたメルアドは以前、他の誰かが使っていたものでした。
Hotmailでは一定期間全く使っていないと、そのメルアド(アカウント)は解除されてしまうのですね。
で、その解除されたメルアドを、偶然にも僕らが取得したわけです。
以前のメルアド主は、そのまま放置していたので、このようなことになってしまったわけです。

---------------
ただね、ここで恐いなと思ったのは、
アップルストアで買い物やダウンロードするなら、普通なら「IDとなるメルアド」と「パスワード」の二つが揃わなければならないのに、今回の事例では「IDとなるメルアド」だけが一致した他人対して、ご親切にも「パスワードを変更しますか?」と尋ねてきたのです。(自動認証の過程で)
システム上のバグですね。恐いですね~!
---------------

その後どうなったのかと言えば、当該メルアドによるアップルのアカウントの停止!
(せっかく覚えやすいメルアドを取得したのに~!(笑))
でもって、新たに取得したメルアドを使って、無事に認証も済ませることができましたし、他人の個人情報が表示されることもなくなりました。
以前のメルアド主には、アカウントの停止ということで、アップルから処置するそうです。

■アップルIDに無料のメルアドを使って、放置してる人は、すぐに自分のメルアド状況を調べて下さい!
特に「分かりやすくて他の人も使いそうなメルアド」の場合は危険です。
→ちなみに、そのメルアドをiPadなどのメール機能にちゃんと設定しておけば、こんな心配はしなくていいのですけどね。

この一件があってから、かれこれ2週間も経過したので、それそろ対策がなされているでしょう。

iPadやiPhone、一部のiPodをお持ちの方がいらっしゃったら、この文章をコピペでもシェアでも良いので、教えて注意を喚起して下さい。

« 2013年7月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28